Original

「腰痛」の85%は原因が不特定?!

『問題ないですね』と言われた事ありますよね?!

この投稿では「腰痛」について、痛みの原因は腰だけではないですよ!という内容になります。
この記事は2分ほどで読めます。

さて、よく聞く話ですが腰が痛くて病院に行きます。レントゲン検査をして、診察結果は『問題ないですね』と、言われた事が経験ある方は多いと思います。
『えっ?!こんなに痛いのに?』なんて思う方も多いと思いますが。
ただ、これは、骨に異常がなく、また、変形や損傷がないという事なんです。
これはこれで、安心材料の一つです。
『じゃあ、どこが悪いんだよ!』と言いたくなると思いますが、これは、なかなか難しい判断になるのです。



腰痛の原因は85%は不特定⁉

医療の間でも。85%は原因が不特定と言われています。
つまり、原因が特定できないものが多いとされているのですが、当院でも腰だけではないと判断しております。
他の原因として、脳に問題があったり、内臓からの影響を受けていたり、または股関節や膝、足首といった離れた部分からの影響もあるのです。また、現在ではストレスや不安要素も大きく関係していることも証明されています。
また、これらが組み合わされた複合的な要因もあるのです。
ですから、原因をしっかり検証し、しっかりと問題部分を改善できるかがポイントとなりますので、見極めるのに多少時間を要する部分もあるのです。

では、どうすればいいの?

では、どうすれば良いのか?
私はやはり、強い痛みがあり歩くのも困難、しびれがひどい!などの症状の場合は、まず病院の診察を受けるべきだと思います。そこで、特に特定的な原因がなかった場合は、整体などを利用することで良いかと思います。
さて、痛みの原因というのは、先ほどの話から不特定と言われています。
しかし、だいたいの原因は生活習慣から蓄積していくものだと思います。仕事での偏った動作、中腰などの姿勢、デスクワークでの座りっぱなし、育児での抱っこなど筋肉疲労からくるもの。会社での対人関係の問題、子育ての悩みなど精神的な部分からくるものなども多々あるのです。
ですから、結論的に病院や整体などを利用して痛みの改善を図るとともに、生活習慣の見直しも必要となってくるのです。
仕事での偏った動きがあるとすれば、反対の動作体操をするとか、ストレッチをするとか、デスクワークの方は時間ごとに立って体操をするとか、また、ストレスは一人で抱えこまず、人に話して相談してみるなど、様々な工夫と改善が必要になってくるのです。
結論からすると、他人まかせではなく、先生と自分と共に良くしていこうという姿勢が大事なのです。

さあ!皆さん!一緒に辛い痛みを改善していきませんか?

最後に、腰の痛い人は一度試してみましょう!これで楽になる方はストレスが原因かもしれません。

・好きな趣味に没頭する
・好きな音楽を聴く
・好きな匂い(アロマなど)でゆったりする。
・旅行に行ってみる

ぜひお試しください!

人気記事ランキング

企業情報

タグ一覧

アーカイブ